未来に「希望」が持てない

  1. 生き方
  2. 196 view

「このまま生きていても楽しいことがない」

 

このように未来に希望を持てない人が増えています。

 

こんな考えを持っている人は、

先のことを考えすぎではないでしょうか。

 

10年、20年、老後を今から考えて悲観する。

 

未来がどうなるかなんて、

誰にもわかりません。

 

わからないことを考えて落ち込むことに

何の意味があるのでしょうか。

 

人は、考えてわからないことがあると

「不安」という状態になります。

 

逆に、明確に理解できることを考えると、

気持ちが前向きになります。

 

将来への不安感が強い人は、

あまり先を考えず、

「明日をどのような1日にするか?」を

まず考えることが重要です。

 

そのためにおすすめしたいのが、

明日にやり遂げたいこと(課題)を

前日の夜にメモすること。

 

どんな小さな課題でも良いので、

ひとつひとつやり遂げるという

経験を重ねると、

未来を生きていくことへの

モチベーションが高まるのです。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

ポジティブな言葉でアンチエイジング

普段何気なく使っている言葉。これを少し変えるだけで心身に好影響があります。わたしたちの脳は「現実」と「仮想」の世界を区別することができません。この…

  • 755 view

「不安症」という生き方

・他人から褒められても自信がもてない。・明日の予定をうまくこなせるか、前日から頭がいっぱいになる。・時々、先のことを考えて漠然とした不安に襲われる。…

  • 556 view

あなたを「大切にしてくれる人」と過ごす

今、あなたの周りにいる人たちは、あなたを大切にしてくれていますか?自分を大切にしてくれる人と過ごすとポジティブな感情が持てるようになり、心の安定にも大きな影響があ…

  • 447 view