あなたが「生きた証」を残すには

  1. 生き方
  2. 272 view

どんなことでもするにも種まきから始めて、丁寧に世話をし成長するのを待たなければ良い収穫はできない。

それが人生で何かを成し遂げるための最良の方法だと、子供の頃から教えられてきたからです。

でも本当は「待つこと」が真実ではありません。

コレと思ったら準備なしで走り出して、そのままゴールしてしまってもいいです。

もし走っている最中に別のことが気になったら、思い切ってルートを外れてそちらに参加してしまいましょう。

大切なのは、全力で走ることをけっしてやめないこと。

そして新しく学ぶことに真正面から向き合うこと。

内面にふつふつと湧き上がってくる声に耳を傾け、それに素直に従って行動しましょう。

これがあなたが「生きた証」を残すことができるたったひとつの方法です。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「不安症」という生き方

・他人から褒められても自信がもてない。・明日の予定をうまくこなせるか、前日から頭がいっぱいになる。・時々、先のことを考えて漠然とした不安に襲われる。…

  • 556 view

「ココロの棚卸し」で自己を見つめ直す

わたしたちは忙しい日常に流されるように生きています。でも、たまには立ち止まって自分についてじっくり考える「心の棚卸し」をする時間も必要です。それでは紙とペ…

  • 451 view

苦しい時こそ「品位」ある行動を

まじめに精一杯生きていても、時に自分ではコントロールできない理不尽な出来事に巻き込まれ、何もかもが嫌になってしまうことがあります。&nbs…

  • 340 view