うつを予防する「食べ物」

  1. メンタルケア
  2. 222 view

うつを防ぐには

肉などのタンパク質を多く摂ることが重要です。

 

タンパク質は、

精神の安定に欠かせい

セロトニンの材料になります。

 

セロトニンは、

心が穏やかな時にでるもので、

これが足りないとストレス障害や睡眠障害、

うつ病になりやすくなります。

 

また、うつ病になりやすい人は、

ご飯・パン・麺類などの炭水化物

たくさん摂っている傾向にあります。

 

炭水化物を多く摂ると、

必然的にタンパク質を摂る量が減ります。

 

タンパク質不足によるセロトニン不足と、

炭水化物の摂り過ぎが、

うつを引き起こす要因になるのです。

 

また、炭水貨物を摂り過ぎると

血糖値が上昇し、

眠気やだるさ、ひいては

気分が落ち込みやすくなります。

 

 <まとめ>

うつを防ぐには、日頃の食事から

ご飯・パン・麺類などを炭水化物を減らし、

肉・魚・卵・乳製品・大豆食品などを

積極的に食べることをおすすめします。

 

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「悲しい出来事」を忘れる方法

質問です。①最近あなたが体験したことで、もっとも強く記憶に残っていることは何ですか?②今までの人生で、最も記憶に残っている思い出を3つ挙げてください。この2つ…

  • 695 view

「依存症」から抜け出す方法

何かに夢中になることは、ストレスをやわらげ、つらいことに立ち向かうエネルギーになります。しかし、その行動から離れられなくなり、日常生活の妨げになるようであれば、「…

  • 336 view

角が立たない「断り方」

「急な仕事を振られたけど、余裕がないので断りたい」でも、、「相手に悪い気がして断るのは気が引ける…」というとき、ありますよね?相手に不快な…

  • 554 view