「友達のいない人」は不幸?

  1. メンタルケア
  2. 352 view

「いつもひとりで寂しくないの?」

「もっと積極的に友達つくりなよ」

 

 

いつも誰かと一緒にいるのがふつうで

賑やかな中にいるのが好きな人にとって、

友達が少なく、

いつもひとりで行動している人は、

「寂しい人」

「不幸な人」

に映ります。

 

果たして友達の少ない人、

ひとりで過ごすことが多い人は、

「不幸」なのでしょうか?

 

たしかに、内向的な人は、

外向的な人と比べて、

誰かと積極的に関わることが

苦手な人が多い傾向にあります。

 

学校などの集団生活の場にもうまく溶け込めず、

ひとり浮いてしまう存在になりがちです。

 

自分から進んでひとりでいる、

と言うよりは、

 

気づけばひとりで

行動することが多くなっている。

 

そのことに悩む人は少なからずいます。

 

心理学では、

自分にとって「得意なこと」

没頭している時間が多い人ほど、

ストレスは減って、気持ちが前向きになり、

幸福度があがると言われています。

 

なので、

友達が少ない、周りに溶け込めないと

落ち込んでいる人は、

まず自分が得意なことに

一生懸命取り込んでみてください。

 

<まとめ>

友達がいなくて悩んでいる人は、

ひとりの時間を「得意なこと」

費やすと気持ちが前向きになり、

心も晴れてきます。

 

そして「得意なこと」

あなたを成長させてくれます。

 

成長したあなたに

敬意を払ってくれる人も現れるでしょう。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

自分だけの「回復薬」を持つ

心理学者のハワード・カミンスキーは、気分的に落ち込んだときの最もよい方法として「これさえあれば」というものを用意しておくことをおすすめしています。たとえば……

  • 468 view

「嫉妬」との正しい付き合い方

人はだれでも嫉妬する生き物です。たとえば、自分よりお金を持っている人や、自分より良い環境で生きている人などに嫉妬しがちです。この嫉妬という感情は、自分の欲…

  • 687 view

「悲しい出来事」を忘れる方法

質問です。①最近あなたが体験したことで、もっとも強く記憶に残っていることは何ですか?②今までの人生で、最も記憶に残っている思い出を3つ挙げてください。この2つ…

  • 702 view