「不安症」という生き方

  1. 生き方
  2. 530 view

・他人から褒められても自信がもてない。

・明日の予定をうまくこなせるか、前日から頭がいっぱいになる。

・時々、先のことを考えて漠然とした不安に襲われる。

 

先行きの見えない今の社会では、

このような不安を抱えている人が

増えています。

 

不安を伴う感情は、

ネガティブと捉えられることが

多いですが、

実はそんなことはありません。

 

むしろ、

不安が強い人のほうが

あらゆる場面でうまくいくことが多いのです。

 

不安を感じやすい人とまったく感じない人。

この違いはとこからくるのでしょうか?

 

わたしたちの祖先が狩猟で生きていた頃、

不安の感情を持つことは

生き抜くために

とても重要でした。

 

楽観的な考えしか持っていないと、

いざ外敵や飢えに襲われた時、

仲間や自分の身を守れないからです。

 

それでも

「すぐ不安になる性格をなおしたい」

と思っている人は

このように考えてみてください。

 

不安が強い人ほど、

その不安を打ち消すために

下準備をしっかりと行います。

 

失敗への不安から

事前に万全な準備をする人と、

自己を過信して

まったく準備をしない人。

 

どちらのタイプが

人生において成功するかは

一目瞭然。

 

これが

不安を抱える人の

生き方なのです。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

あなたの「楽しい」が誰かの役に立つ

どんな人でも誰かに教えられるものはあります。あなたにとっては当たり前のことでも、他の人にとってはわからないこと、知りたい情報である場合も多いのです。夢中に…

  • 362 view

ココロがラクになる「自分軸」の人生

あなたは「自分軸」「他人軸」のどちらで生きていますか?「自分軸」で生きている人は、自分の中にぶれない芯を持っているので、他人の意見にいちいち振り回されません。…

  • 1228 view

「ココロの棚卸し」で自己を見つめ直す

わたしたちは忙しい日常に流されるように生きています。でも、たまには立ち止まって自分についてじっくり考える「心の棚卸し」をする時間も必要です。それでは紙とペ…

  • 447 view