「苦手」の克服は意味がない?

  1. 生き方
  2. 249 view

誰でも、

得意なことにコツコツとりくむと、

人より優れた結果を残すことができます。

 

一方、苦手なことは

どんなに努力しても、

せいぜい人並み程度がやっとです。

 

そう考えると、

苦手の克服に時間とエネルギーを使うより、

得意なことを伸ばすのに使った方が、

はるかに生産的といえるでしょう。

 

メンタル的にも、

苦手の克服は、

上手くいかないことの連続で

ネガティブな感情ばかり味わうことになり、

デメリットが圧倒的に多いのです。

 

ただし、例外もあります。

 

その弱点が得意なことの

足を引っ張っていたり、

日常生活に

支障をきたしていたり

するようなケースです。

 

この2つのケースに限り、

苦手克服の努力をおすすめします。

 

そうすれば、

たとえ苦手を得意に変えることができなくても、

苦手なことが、

あなたの人生の邪魔をすることはなくなります。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「自己評価」が低く消極的な人

自己評価というのは、文字通り自分を評価すること。自己評価の低い人は、ささいなことでショックを受けたり、傷ついた気持ちを…

  • 478 view

「自分」を愛してますか?

自分のことを一生愛してくれるのは、実は自分だけです。こういうと寂しく思う人もいるかもしれませんが、これは事実です。…

  • 429 view

ユニークな人ほど「孤独」が心地いい

あなたは他の人より個性的ですか?他人と自分とを比較して違いを確認することは、孤立するという危険を排除してくれます。さらに、他人と同じようになろうとすれば、…

  • 616 view