「不幸」になる行動

  1. メンタルケア
  2. 392 view

過度の飲酒や喫煙、

ヤケ食い、ギャンブル……。

 

日常的にこのような行動を

してしまう人は少なくないでしょう。

 

これらは、一時的に気分がよくなったり

刺激をくれたりするものなので

ストレス解消や気分転換によく使われます。

 

しかし、その後にイライラしたり

気分が落ち込んだりして、

結局は心に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

では、どうやって不幸になる

行動を見分ければよいのでしょうか?

 

それは、

その行動をした後に、

おだやかで明るい気持ちになれるか、

それともイライラして

重い気持ちになってしまうか、

自分の感情に問い掛けてみると、

答えはわかります。

kou

大阪在住のセラピスト。生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。

記事一覧

関連記事

「不安」に襲われた時の解消法

なにかに取り組んで、時間を忘れるくらい夢中になった。誰しもこういう経験ありますよね?では、ここでひとつ質問です。その時間を忘れるほど夢中になってい…

  • 821 view

ココロとカラダはつながっている

わたしたちのカラダは、そのときのココロの状況を鏡のように映し出しています。表向きは笑顔でとりつくろっても、ココロが不愉快なら胃がむかつきます。だれかと一緒…

  • 429 view