「不幸」になる行動

  1. メンタルケア
  2. 460 view

過度の飲酒や喫煙、

ヤケ食い、ギャンブル……。

 

日常的にこのような行動を

してしまう人は少なくないでしょう。

 

これらは、一時的に気分がよくなったり

刺激をくれたりするものなので

ストレス解消や気分転換によく使われます。

 

しかし、その後にイライラしたり

気分が落ち込んだりして、

結局は心に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

では、どうやって不幸になる

行動を見分ければよいのでしょうか?

 

それは、

その行動をした後に、

おだやかで明るい気持ちになれるか、

それともイライラして

重い気持ちになってしまうか、

自分の感情に問い掛けてみると、

答えはわかります。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

自分だけの「回復薬」を持つ

心理学者のハワード・カミンスキーは、気分的に落ち込んだときの最もよい方法として「これさえあれば」というものを用意しておくことをおすすめしています。たとえば……

  • 461 view

「過去の傷」と決別する方法

私たちの過去の記憶は、思い出す度に自然に笑みがこぼれるような「ポジティブ」なものか、思い浮かべただけで気分がどーんと沈む「ネガティブ」のどちらかです。どちらの人生…

  • 727 view