人間関係を円滑にするには「ほめ上手」になろう

  1. 生き方
  2. 217 view

ほめ上手。

 

これはコミュニケーションが上手な人の共通点です。

特に、会話のはじめに相手に対するほめ言葉を入れると、

初対面やそれほど仲の良くない人とでもコミュニケーションが円滑に進みます。

 

なぜなら、

ほめられても嫌な顔をする人はいないから。

 

しかし、

不誠実なほめ言葉はすぐに見抜かれ、

かえって人間関係に悪影響を及ぼすことになりかねないのでご注意ください。

 

ほめる際には、相手のことをしっかり観察して、

ほめるポイントを的確に把握することが大切です。

 

また、面と向かってほめるのが苦手な人は、

本人に直接ほめるのではなく、

第三者を介して、

間接的に伝わるようにほめるのもいいでしょう。

 

コミュニケーションは、

相手を「ほめること」からはじめましょう。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「ココロの棚卸し」で自己を見つめ直す

わたしたちは忙しい日常に流されるように生きています。でも、たまには立ち止まって自分についてじっくり考える「心の棚卸し」をする時間も必要です。それでは紙とペ…

  • 451 view

あなたにも「教えられる」ことがある

どんな人にも、誰かに教えられることがあります。あなたにとっては当たり前のことが、他の人にとってはわからないこと、知りたい情報であるということが多々あります。…

  • 202 view

いつも「幸福な人」の考え方

幸せとは、「わたしに○○があったら…」という条件ではなく、個人の性格や考え方によって得られるもの。あなたが今、…

  • 462 view