心が「疲弊」しやすい人

  1. メンタルケア
  2. 705 view

頑固・几帳面・真面目・完璧主義……。

このような人は、周囲のいい加減さにイライラしたり、期待に応えようと限界を超えるまで頑張ってしまったりして、心が疲弊しやすい傾向にあります。

また、「私はいつも失敗する」「みんな私のことを嫌っているはずだ」「この仕事は絶対無理だ」というネガティブ思考を持つ人もこのタイプには多いのです。

物事のとらえ方が偏ってしまったり、論理的ではない思い込みをしてしまったりすることを「認知のゆがみ」といいます。

仕事の重圧や職場の人間関係などのストレスで心が疲れてくると、この「認知のゆがみ」が出やすくなり、物事を過度にネガティブにとらえるようになります。

うつ病になりやすいのもこのタイプの人。

このネガティブ思考から抜け出すには、まずは自分が「心が疲弊しやすい」ことを自覚し、これまでの生活を見直すことが重要です。

症状によっては専門のクリニックで心理療法を受けることをおすすめします。

1人で悩むより気持ちがラクになり、早期回復が期待できます。

kou

大阪在住のセラピスト。生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。

記事一覧

関連記事

「トラウマ」との向き合い方

トラウマとは、過去のつらい体験が解決されないまま心の中に押しとどめられて、そのまま保存されてしまったもの。いま、あなたが抱え込んでいるマイナスの感情やネガティブ思…

  • 484 view

「悲しい出来事」を忘れる方法

質問です。①最近あなたが体験したことで、もっとも強く記憶に残っていることは何ですか?②今までの人生で、最も記憶に残っている思い出を3つ挙げてください。この2つ…

  • 680 view