心のシャッターが下りてしまったときは

  1. メンタルケア
  2. 686 view

あなたが過度のストレスに直面したとき、心のシャッターが下りて、気付いたら別の場所にいたという経験はありませんか?

このような症状は「解離」といって、つらい体験を自分から切り離そうとするために起こる一種の防衛反応です。

特にトラウマを多く経験してきた人にとっては、自分を守るための手段のひとつなのです。

殻に閉じこもることは、自分の心を守るため。

無意識にストレス反応を軽減して抗うつ状態に陥らないように自分を守っているのです。

なので、心のシャッターを閉ざしてしまった自分を責めたり、嫌ったりしてはいけません。

あなたは、ただ安心できる場所で、嵐が過ぎ去るのをじっと待っていただけなのです。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「トラウマ」との向き合い方

トラウマとは、過去のつらい体験が解決されないまま心の中に押しとどめられて、そのまま保存されてしまったもの。いま、あなたが抱え込んでいるマイナスの感情やネガティブ思…

  • 505 view

「不幸」になる行動

過度の飲酒や喫煙、ヤケ食い、ギャンブル……。日常的にこのような行動をしてしまう人は少なくないでしょう。…

  • 460 view

「不安」に襲われた時の解消法

なにかに取り組んで、時間を忘れるくらい夢中になった。誰しもこういう経験ありますよね?では、ここでひとつ質問です。その時間を忘れるほど夢中になってい…

  • 868 view

「依存症」から抜け出す方法

何かに夢中になることは、ストレスをやわらげ、つらいことに立ち向かうエネルギーになります。しかし、その行動から離れられなくなり、日常生活の妨げになるようであれば、「…

  • 336 view