心のシャッターが下りてしまったときは

  1. メンタルケア
  2. 625 view

あなたが過度のストレスに直面したとき、心のシャッターが下りて、気付いたら別の場所にいたという経験はありませんか?

このような症状は「解離」といって、つらい体験を自分から切り離そうとするために起こる一種の防衛反応です。

特にトラウマを多く経験してきた人にとっては、自分を守るための手段のひとつなのです。

殻に閉じこもることは、自分の心を守るため。

無意識にストレス反応を軽減して抗うつ状態に陥らないように自分を守っているのです。

なので、心のシャッターを閉ざしてしまった自分を責めたり、嫌ったりしてはいけません。

あなたは、ただ安心できる場所で、嵐が過ぎ去るのをじっと待っていただけなのです。

kou

大阪在住のセラピスト。生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。

記事一覧

関連記事

「トラウマ」との向き合い方

トラウマとは、過去のつらい体験が解決されないまま心の中に押しとどめられて、そのまま保存されてしまったもの。いま、あなたが抱え込んでいるマイナスの感情やネガティブ思…

  • 467 view

自分だけの「回復薬」を持つ

心理学者のハワード・カミンスキーは、気分的に落ち込んだときの最もよい方法として「これさえあれば」というものを用意しておくことをおすすめしています。たとえば……

  • 433 view

「笑顔」こそ最高の薬

笑うことはココロとカラダにとって最高の癒しです。脳の機能は笑うことで活性化し、リラックスしたときにでるα波に導かれます。また幸せホルモンであるβ-エンドル…

  • 290 view

「嫉妬」との正しい付き合い方

人はだれでも嫉妬する生き物です。たとえば、自分よりお金を持っている人や、自分より良い環境で生きている人などに嫉妬しがちです。この嫉妬という感情は、自分の欲…

  • 598 view