心のシャッターが下りてしまったときは

  1. メンタルケア
  2. 709 view

あなたが過度のストレスに直面したとき、心のシャッターが下りて、気付いたら別の場所にいたという経験はありませんか?

このような症状は「解離」といって、つらい体験を自分から切り離そうとするために起こる一種の防衛反応です。

特にトラウマを多く経験してきた人にとっては、自分を守るための手段のひとつなのです。

殻に閉じこもることは、自分の心を守るため。

無意識にストレス反応を軽減して抗うつ状態に陥らないように自分を守っているのです。

なので、心のシャッターを閉ざしてしまった自分を責めたり、嫌ったりしてはいけません。

あなたは、ただ安心できる場所で、嵐が過ぎ去るのをじっと待っていただけなのです。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「不幸」になる行動

過度の飲酒や喫煙、ヤケ食い、ギャンブル……。日常的にこのような行動をしてしまう人は少なくないでしょう。…

  • 462 view

物事を白黒で判断しない

あなたは、物事をオール・オア・ナッシングで考える人ですか?その物事は正しいか、間違っているか、イエスか、ノーか、白か、黒か。特に、完璧主義や心配性の人、自…

  • 474 view

「嫉妬」との正しい付き合い方

人はだれでも嫉妬する生き物です。たとえば、自分よりお金を持っている人や、自分より良い環境で生きている人などに嫉妬しがちです。この嫉妬という感情は、自分の欲…

  • 687 view

心が「疲弊」しやすい人

頑固・几帳面・真面目・完璧主義……。このような人は、周囲のいい加減さにイライラしたり、期待に応えようと限界を超えるまで頑張ってしまったりして、心が疲弊しやすい傾向…

  • 757 view