角が立たない「断り方」

  1. メンタルケア
  2. 554 view

「急な仕事を振られたけど、余裕がないので断りたい」

でも、、

「相手に悪い気がして断るのは気が引ける…」

というとき、ありますよね?

相手に不快な思いをさせずに「断る」には、下の3つが必要です。

①あやまること
②代わりを提案すること
③理由を伝えること

これらすべてを含めて伝えるのがベストですが、1つか2つでも大丈夫です。

<会話の例>

「○○さん、新年会の幹事お願いしてもいいかな?」

「申し訳ありません。実はいまA社の案件が佳境にはいってまして、幹事をする余裕がありません。この案件が終われば少し手が空きますので、なにかお手伝いできことがあればやります」

このように伝えると相手からの印象が悪くならずに断ることができます。

さらに、自分の都合ではなく「外的(自分では動かせない)な理由」でやむなく難しいことを伝えると後味も悪くなりません。

自分のキャパシティ以上の仕事や頼まれごとを受けてしまうと、ストレスをためこんでしまう結果になりかねません。

角が立たないように断ることができるようになれば、余計なストレスを抱えることが減り、人生の幸福度があがります。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「嫉妬」との正しい付き合い方

人はだれでも嫉妬する生き物です。たとえば、自分よりお金を持っている人や、自分より良い環境で生きている人などに嫉妬しがちです。この嫉妬という感情は、自分の欲…

  • 676 view

「過去の傷」と決別する方法

私たちの過去の記憶は、思い出す度に自然に笑みがこぼれるような「ポジティブ」なものか、思い浮かべただけで気分がどーんと沈む「ネガティブ」のどちらかです。どちらの人生…

  • 727 view

物事を白黒で判断しない

あなたは、物事をオール・オア・ナッシングで考える人ですか?その物事は正しいか、間違っているか、イエスか、ノーか、白か、黒か。特に、完璧主義や心配性の人、自…

  • 473 view