角が立たない「断り方」

  1. メンタルケア
  2. 518 view

「急な仕事を振られたけど、余裕がないので断りたい」

でも、、

「相手に悪い気がして断るのは気が引ける…」

というとき、ありますよね?

相手に不快な思いをさせずに「断る」には、下の3つが必要です。

①あやまること
②代わりを提案すること
③理由を伝えること

これらすべてを含めて伝えるのがベストですが、1つか2つでも大丈夫です。

<会話の例>

「○○さん、新年会の幹事お願いしてもいいかな?」

「申し訳ありません。実はいまA社の案件が佳境にはいってまして、幹事をする余裕がありません。この案件が終われば少し手が空きますので、なにかお手伝いできことがあればやります」

このように伝えると相手からの印象が悪くならずに断ることができます。

さらに、自分の都合ではなく「外的(自分では動かせない)な理由」でやむなく難しいことを伝えると後味も悪くなりません。

自分のキャパシティ以上の仕事や頼まれごとを受けてしまうと、ストレスをためこんでしまう結果になりかねません。

角が立たないように断ることができるようになれば、余計なストレスを抱えることが減り、人生の幸福度があがります。

kou

大阪在住のセラピスト。生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。

記事一覧

関連記事

「不幸」になる行動

過度の飲酒や喫煙、ヤケ食い、ギャンブル……。日常的にこのような行動をしてしまう人は少なくないでしょう。…

  • 392 view

自分だけの「回復薬」を持つ

心理学者のハワード・カミンスキーは、気分的に落ち込んだときの最もよい方法として「これさえあれば」というものを用意しておくことをおすすめしています。たとえば……

  • 433 view