「嫉妬」との正しい付き合い方

  1. メンタルケア
  2. 598 view

人はだれでも嫉妬する生き物です。

たとえば、自分よりお金を持っている人や、自分より良い環境で生きている人などに嫉妬しがちです。

この嫉妬という感情は、自分の欲しいものを相手が持っている時に湧き上がるもの。

つまり、嫉妬は今の自分に足りないものを教えてくれるのです。

この感情を抱いた時に、最もしてはいけないことは、持っていない自分を正当化するために妬んだ相手を陰で叩いたり、こき下ろしたりすること。

自分が欲しいものを持っている人に対して、それは価値のないものだと否定することで自分を正当化する。

一方で、嫉妬という感情を素直に受け入れて、自分に足りないものを手にいれるために努力する。

すると、あなたの人生は好転します。

誰かを妬む心をネガティブにとらえるのではなく、人生のモチベーションにして、行動するきっかけに変えていく。

これが嫉妬という感情の正しい使い方なのです。

kou

大阪在住のセラピスト。生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。

記事一覧

関連記事

心が「疲弊」しやすい人

頑固・几帳面・真面目・完璧主義……。このような人は、周囲のいい加減さにイライラしたり、期待に応えようと限界を超えるまで頑張ってしまったりして、心が疲弊しやすい傾向…

  • 675 view

角が立たない「断り方」

「急な仕事を振られたけど、余裕がないので断りたい」でも、、「相手に悪い気がして断るのは気が引ける…」というとき、ありますよね?相手に不快な…

  • 518 view

ココロとカラダはつながっている

わたしたちのカラダは、そのときのココロの状況を鏡のように映し出しています。表向きは笑顔でとりつくろっても、ココロが不愉快なら胃がむかつきます。だれかと一緒…

  • 429 view