いつも「悩み」が頭から離れない人

  1. メンタルケア
  2. 655 view

ひとは常になにかを考えています。

どんなに楽しいことをしていても、いつも頭の片隅に悩んでいることがあって、それが顔をだす度に不安に襲われる。

その悩みは、目の前にあること以外にこれまで経験してきた失敗や将来への不安であることが多いです。

わたしたちが生きていくのに考えることは重要ですが、考えることでさまざまな不安や悩みが生じます。

仏教では「意馬心猿」といって自分の意思は馬のように暴れ、心は猿のように動いて抑えつけておくことはできないと言われています。

悩むココロは、抑え込むのではなく、暴れまわる馬のようにこちらではコントロールはできないものと考え、受け入れましょう。

目の前にある悩みや不安は柔軟にとらえて、時にはそっとなにもせず放置することが必要です。

すると不安や悩みが薄れ、あなたが進むべき新しい道がみえてきます。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「過去の傷」と決別する方法

私たちの過去の記憶は、思い出す度に自然に笑みがこぼれるような「ポジティブ」なものか、思い浮かべただけで気分がどーんと沈む「ネガティブ」のどちらかです。どちらの人生…

  • 727 view

自分だけの「回復薬」を持つ

心理学者のハワード・カミンスキーは、気分的に落ち込んだときの最もよい方法として「これさえあれば」というものを用意しておくことをおすすめしています。たとえば……

  • 461 view

「不幸」になる行動

過度の飲酒や喫煙、ヤケ食い、ギャンブル……。日常的にこのような行動をしてしまう人は少なくないでしょう。…

  • 460 view

「依存症」から抜け出す方法

何かに夢中になることは、ストレスをやわらげ、つらいことに立ち向かうエネルギーになります。しかし、その行動から離れられなくなり、日常生活の妨げになるようであれば、「…

  • 336 view