いつも「悩み」が頭から離れない人

  1. メンタルケア
  2. 630 view

ひとは常になにかを考えています。

どんなに楽しいことをしていても、いつも頭の片隅に悩んでいることがあって、それが顔をだす度に不安に襲われる。

その悩みは、目の前にあること以外にこれまで経験してきた失敗や将来への不安であることが多いです。

わたしたちが生きていくのに考えることは重要ですが、考えることでさまざまな不安や悩みが生じます。

仏教では「意馬心猿」といって自分の意思は馬のように暴れ、心は猿のように動いて抑えつけておくことはできないと言われています。

悩むココロは、抑え込むのではなく、暴れまわる馬のようにこちらではコントロールはできないものと考え、受け入れましょう。

目の前にある悩みや不安は柔軟にとらえて、時にはそっとなにもせず放置することが必要です。

すると不安や悩みが薄れ、あなたが進むべき新しい道がみえてきます。

kou

大阪在住のセラピスト。生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。

記事一覧

関連記事

「笑顔」こそ最高の薬

笑うことはココロとカラダにとって最高の癒しです。脳の機能は笑うことで活性化し、リラックスしたときにでるα波に導かれます。また幸せホルモンであるβ-エンドル…

  • 297 view

「不幸」になる行動

過度の飲酒や喫煙、ヤケ食い、ギャンブル……。日常的にこのような行動をしてしまう人は少なくないでしょう。…

  • 443 view

ココロとカラダはつながっている

わたしたちのカラダは、そのときのココロの状況を鏡のように映し出しています。表向きは笑顔でとりつくろっても、ココロが不愉快なら胃がむかつきます。だれかと一緒…

  • 448 view

「嫉妬」との正しい付き合い方

人はだれでも嫉妬する生き物です。たとえば、自分よりお金を持っている人や、自分より良い環境で生きている人などに嫉妬しがちです。この嫉妬という感情は、自分の欲…

  • 637 view