なにかをはじめるのに「年齢」は関係ない

  1. 生き方
  2. 332 view

もし、あなたが自分の「年齢」を気にして興味のあることをはじめるか悩んでいるなら、迷わず実行に移しましょう。

なぜなら、

・ヴェルディは、75歳で「アベマリア」を作曲しました。

・ミケランジェロは88歳で亡くなる6日前にピエタ像を彫っていました。

・画家のグランマ・モーゼスは、80歳にして初の個展を開きました。

・カーネル・サンダースは40以上の職業を経験して、65歳でケンタッキーを起業。90歳で生涯を閉じるまで現役で働きました。

※「世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝」(無料で読めます)

 

講演を終えた米国のある著名な起業家に、ひとりの女性が近づき、こう言いました。

「もし私がこれからロースクールに行ったら、卒業するときは55歳になってしまいます」

その起業家は女性にこう答えました。

「もし行かなかったら、あなたは何歳になるのですか?」

 

「この年齢になって、こんなことをするのは恥ずかしい」

年相応なんて考え方に振り回されてはいけません。

自分の中から湧き上がってくる、やりたいと思う気持ちを何よりも尊重するべきです。

人生に迷っているヒマはありません。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

あなたの「楽しい」が誰かの役に立つ

どんな人でも誰かに教えられるものはあります。あなたにとっては当たり前のことでも、他の人にとってはわからないこと、知りたい情報である場合も多いのです。夢中に…

  • 365 view

「ココロの棚卸し」で自己を見つめ直す

わたしたちは忙しい日常に流されるように生きています。でも、たまには立ち止まって自分についてじっくり考える「心の棚卸し」をする時間も必要です。それでは紙とペ…

  • 449 view

いつも「幸福な人」の考え方

幸せとは、「わたしに○○があったら…」という条件ではなく、個人の性格や考え方によって得られるもの。あなたが今、…

  • 457 view