「過去の傷」と決別する方法

  1. メンタルケア
  2. 727 view

私たちの過去の記憶は、思い出す度に自然に笑みがこぼれるような「ポジティブ」なものか、思い浮かべただけで気分がどーんと沈む「ネガティブ」のどちらかです。

どちらの人生にはつきものですが、過去のあやまちや心の傷といったネガティブな経験は、早いうちに心から取り除かなければ、あなたの今後の人生は、足かせにはめられたように行き詰まってしまいます。

今後の人生を豊かなものにするためには、このようなネガティブば過去への対応が不可欠です。

では、過去の傷を手放すにはどうすればよいのでしょうか。

まずは、気持ちを抑えず、過去の傷と向かい合いましょう。

泣きたければ泣き、怒りたければ怒る。

決して抑え込まず、感情に身を任せてみることが大切です。

そして、今後のあなたの人生に不必要と考える人間関係を思い切って手放しましょう。

過去にしがみついていると、知らず知らずのうちに自分を制限してしまいます。

自分の考えをもっと生産的な方向に変えましょう。

過去に支配されてはいけません。

過去の傷を勇気に変えて、夢を持って前進して行きましょう。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

心が「疲弊」しやすい人

頑固・几帳面・真面目・完璧主義……。このような人は、周囲のいい加減さにイライラしたり、期待に応えようと限界を超えるまで頑張ってしまったりして、心が疲弊しやすい傾向…

  • 743 view

「トラウマ」との向き合い方

トラウマとは、過去のつらい体験が解決されないまま心の中に押しとどめられて、そのまま保存されてしまったもの。いま、あなたが抱え込んでいるマイナスの感情やネガティブ思…

  • 505 view