いつでも逃げ込める「秘密の場所」を持つ

  1. メンタルケア
  2. 486 view

以前に「自分だけの回復薬を持つ」という投稿をしました。

これは気分が落ち込んだときのために「これさえあれば」というものを用意しておくというもの。

今回は「逃げ込める場所」を持つことの重要性についてお話しします。

「逃げ込める場所」が必要になるのは、前述した回復薬(食べ物、音楽、本など)では、改善されないような深い不安感や焦燥感、大きなストレスを感じたとき。

弱ってきているのを感じたら、とにかく休むことが大切です。

周りに「心配しないで」と伝え、ひとりになる時間を作りましょう。

もちろん、自分の部屋でもいいですし、ひとけのない公園や河川敷、マイカーの中、漫画喫茶の個室、映画館で刺激の少ない作品を観るのもでもOK

周囲の音が気になるときは、耳栓をしたり、自然音が聴けるアプリを使ったりしてココロを落ち着かせましょう。

某芸人さんのギャグで「閉店ガラガラ…」というのがありましたよね。

まさにそれで、調子の悪い日は「今日のわたしは閉店ガラガラ。。。おやすみさせていただきます(( _ _ ))..zzzZZ」でいいのです。

強いストレスやネガティブな思考に襲われたときの対処法を、その度合いごとにいくつか持っておくとことは、ココロの安心感につながります。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

ココロとカラダはつながっている

わたしたちのカラダは、そのときのココロの状況を鏡のように映し出しています。表向きは笑顔でとりつくろっても、ココロが不愉快なら胃がむかつきます。だれかと一緒…

  • 467 view

「悲しい出来事」を忘れる方法

質問です。①最近あなたが体験したことで、もっとも強く記憶に残っていることは何ですか?②今までの人生で、最も記憶に残っている思い出を3つ挙げてください。この2つ…

  • 695 view

角が立たない「断り方」

「急な仕事を振られたけど、余裕がないので断りたい」でも、、「相手に悪い気がして断るのは気が引ける…」というとき、ありますよね?相手に不快な…

  • 554 view