いつでも逃げ込める「秘密の場所」を持つ

  1. メンタルケア
  2. 507 view

以前に「自分だけの回復薬を持つ」という投稿をしました。

これは気分が落ち込んだときのために「これさえあれば」というものを用意しておくというもの。

今回は「逃げ込める場所」を持つことの重要性についてお話しします。

「逃げ込める場所」が必要になるのは、前述した回復薬(食べ物、音楽、本など)では、改善されないような深い不安感や焦燥感、大きなストレスを感じたとき。

弱ってきているのを感じたら、とにかく休むことが大切です。

周りに「心配しないで」と伝え、ひとりになる時間を作りましょう。

もちろん、自分の部屋でもいいですし、ひとけのない公園や河川敷、マイカーの中、漫画喫茶の個室、映画館で刺激の少ない作品を観るのもでもOK

周囲の音が気になるときは、耳栓をしたり、自然音が聴けるアプリを使ったりしてココロを落ち着かせましょう。

某芸人さんのギャグで「閉店ガラガラ…」というのがありましたよね。

まさにそれで、調子の悪い日は「今日のわたしは閉店ガラガラ。。。おやすみさせていただきます(( _ _ ))..zzzZZ」でいいのです。

強いストレスやネガティブな思考に襲われたときの対処法を、その度合いごとにいくつか持っておくとことは、ココロの安心感につながります。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram

記事一覧

関連記事

自分だけの「回復薬」を持つ

心理学者のハワード・カミンスキーは、気分的に落ち込んだときの最もよい方法として「これさえあれば」というものを用意しておくことをおすすめしています。たとえば……

  • 493 view

「不幸」になる行動

過度の飲酒や喫煙、ヤケ食い、ギャンブル……。日常的にこのような行動をしてしまう人は少なくないでしょう。…

  • 467 view

「依存症」から抜け出す方法

何かに夢中になることは、ストレスをやわらげ、つらいことに立ち向かうエネルギーになります。しかし、その行動から離れられなくなり、日常生活の妨げになるようであれば、「…

  • 347 view

角が立たない「断り方」

「急な仕事を振られたけど、余裕がないので断りたい」でも、、「相手に悪い気がして断るのは気が引ける…」というとき、ありますよね?相手に不快な…

  • 566 view