自分だけの「回復薬」を持つ

  1. メンタルケア
  2. 468 view

心理学者のハワード・カミンスキーは、気分的に落ち込んだときの最もよい方法として「これさえあれば」というものを用意しておくことをおすすめしています。

たとえば…

・一番好きなお菓子を食べる

・ハッピーエンドで気分が明るくなる映画を観る

・お気に入りの香水やアロマの匂いをかぐ

・感動した小説を読む

「食べ物」「本」「映画」など、あなたにとって一番大切なもの、それにふれることで幸せな気分になれるものであれば何でもかまいません。

まだ元気なうちにそれらを準備しておき、完全に落ち込んでしまう前に「回復薬」のように使うことが大切です。

ストレスがたまったとき、目の前にある適当なもので発散させるより、自分にとって一番大切なもので発散させるほうが、気分も盛り上がります。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

角が立たない「断り方」

「急な仕事を振られたけど、余裕がないので断りたい」でも、、「相手に悪い気がして断るのは気が引ける…」というとき、ありますよね?相手に不快な…

  • 556 view

「不安」に襲われた時の解消法

なにかに取り組んで、時間を忘れるくらい夢中になった。誰しもこういう経験ありますよね?では、ここでひとつ質問です。その時間を忘れるほど夢中になってい…

  • 877 view

「過去の傷」と決別する方法

私たちの過去の記憶は、思い出す度に自然に笑みがこぼれるような「ポジティブ」なものか、思い浮かべただけで気分がどーんと沈む「ネガティブ」のどちらかです。どちらの人生…

  • 730 view

心が「疲弊」しやすい人

頑固・几帳面・真面目・完璧主義……。このような人は、周囲のいい加減さにイライラしたり、期待に応えようと限界を超えるまで頑張ってしまったりして、心が疲弊しやすい傾向…

  • 757 view