集団行動が苦手という「劣等感」

  1. 内向的
  2. 933 view

「人間はひとりでは生きていけない」

「みんなで足並みをそろえて、仲良く過ごさなければならない」

このように思う人は、集団からはじき出されることを非常に恐れます。

でも動物には「群れ型」だけでなく、「縄張り型」も存在します。

縄張り型で身近なのはネコでしょう。

外で暮らす野良猫たちは、たいてい一匹で行動しています。

たまに仲良く集まって集会をすることもありますが、彼らは基本的には単独行動です。

人間にも「群れ型」と「縄張り型」の両方がいます。

サラリーマンやママ友など、集団に属することで仕事や情報が手に入りやすかったり、トラブルから守ってもらえたりもします。

一方でそうした群れに馴染めない人もいます。

グループには入りたくないという人や、フリーランスの人などは縄張り型でしょう。

上下関係などの気配りが減る反面、責任をひとりで負う苦労もあります。

群れ型に縄張り型にも一長一短あり、どちらが正しいというわけでもありません。

もし、あなたが集団が苦痛と思っているなら、ただ自分は縄張り型なだけなのだ、と認めてあげてください。

「周囲の人となじめない」という劣等感を手放すだけでココロはずっと軽くなるでしょう。

あなたが安心して過ごせる場所はどこですか?

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

自分の世界に浸るのが好きな人

ひとりでいることを好み、自分の世界にいると元気がでてくる人は、内向的な人です。このタイプの人は、相手と深くわかりあうことことを望むため、人付き合いもできるだけ少人…

  • 1444 view