ココロがラクになる「自分軸」の人生

  1. 生き方
  2. 1183 view

あなたは「自分軸」「他人軸」のどちらで生きていますか?

「自分軸」で生きている人は、自分の中にぶれない芯を持っているので、他人の意見にいちいち振り回されません。

いつもココロに無理を強いていないので、ストレスもあまり感じることはありません。

一方、「他人軸」で生きている人は、周囲に気を使いすぎています。

いつの間にか自分の本音がわからなくなり、自分の声にすら気づかなくなって心身の不調をきたすことがあります。

つまり「他人軸」で生きることは、ストレスや病気の原因にもなるのです。

では、ストレスをためない「自分軸」で生きるにはどうすればいいのでしょうか?

最初からしっかりとした「自分軸」をつくる必要はありません。

こんな感じかな、と思うものをとりあえず軸にして、違うなと感じることがあれば調整していけばいいのです。

これを繰り返すうちにあなただけの「自分軸」が作り上げられていきます。

ただし、これまで他人軸で生きてきた人が「自分軸」を貫くようになると今まで築き上げてきた人間関係が壊れてしまうことがあります。

でも安心してください。

あなたの元から去っていく人と入れ替えに、「自分軸」で生きるあなたに合った人が現れることでしょう。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

「不安症」という生き方

・他人から褒められても自信がもてない。・明日の予定をうまくこなせるか、前日から頭がいっぱいになる。・時々、先のことを考えて漠然とした不安に襲われる。…

  • 506 view

いつも「幸福な人」の考え方

幸せとは、「わたしに○○があったら…」という条件ではなく、個人の性格や考え方によって得られるもの。あなたが今、…

  • 428 view

あなたが「生きた証」を残すには

どんなことでもするにも種まきから始めて、丁寧に世話をし成長するのを待たなければ良い収穫はできない。それが人生で何かを成し遂げるための最良の方法だと、子供の頃から教…

  • 247 view

苦しい時こそ「品位」ある行動を

まじめに精一杯生きていても、時に自分ではコントロールできない理不尽な出来事に巻き込まれ、何もかもが嫌になってしまうことがあります。&nbs…

  • 323 view

あなたの「楽しい」が誰かの役に立つ

どんな人でも誰かに教えられるものはあります。あなたにとっては当たり前のことでも、他の人にとってはわからないこと、知りたい情報である場合も多いのです。夢中に…

  • 359 view