ポジティブな言葉でアンチエイジング

  1. 生き方
  2. 752 view

普段何気なく使っている言葉。

これを少し変えるだけで心身に好影響があります。

わたしたちの脳は「現実」と「仮想」の世界を区別することができません。

この特性を利用して、できるだけポジティブな言葉を日頃から脳に伝えてそれを実現させるようにするのです。

たとえば、年齢に対するとらえかたもちょっとした言葉のいいまわしで印象が変わります。

あなたはが40歳だったとして「もう40歳になってしまった……」というのと「まだまだ40歳!!」では、脳が受ける反応は変わってきます。

脳は受け取った言葉のイメージをそのまま実現しようとしますから、「もう〜」が口癖になっている人は早く老けた印象になり、「まだまだ〜」が口癖の人は若々しくいられるのです。

大切なのは、前向きな言葉を積極的に使うように意識すること。

そうすれば、脳がその言葉を認識して、実現に向かって進んでいってくれるでしょう。

セラピスト kou

生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しているセラピスト。Instagram/Facebook

記事一覧

関連記事

いつも「幸福な人」の考え方

幸せとは、「わたしに○○があったら…」という条件ではなく、個人の性格や考え方によって得られるもの。あなたが今、…

  • 447 view

「自己評価」が低く消極的な人

自己評価というのは、文字通り自分を評価すること。自己評価の低い人は、ささいなことでショックを受けたり、傷ついた気持ちを…

  • 474 view

なぜ、あなたは「生きづらい」のか?

生きづらいと思っている人のほとんどは、自分のなかで作り上げた思い込みや親から言われたことの刷り込みというフィルターを通して、世の中をみています。勝手に相手の希望や…

  • 707 view