ポジティブな言葉でアンチエイジング

  1. 生き方
  2. 719 view

普段何気なく使っている言葉。

これを少し変えるだけで心身に好影響があります。

わたしたちの脳は「現実」と「仮想」の世界を区別することができません。

この特性を利用して、できるだけポジティブな言葉を日頃から脳に伝えてそれを実現させるようにするのです。

たとえば、年齢に対するとらえかたもちょっとした言葉のいいまわしで印象が変わります。

あなたはが40歳だったとして「もう40歳になってしまった……」というのと「まだまだ40歳!!」では、脳が受ける反応は変わってきます。

脳は受け取った言葉のイメージをそのまま実現しようとしますから、「もう〜」が口癖になっている人は早く老けた印象になり、「まだまだ〜」が口癖の人は若々しくいられるのです。

大切なのは、前向きな言葉を積極的に使うように意識すること。

そうすれば、脳がその言葉を認識して、実現に向かって進んでいってくれるでしょう。

kou

大阪在住のセラピスト。生きづらさやメンタルケアに関する情報を発信しています。

記事一覧

関連記事

あなたの「楽しい」が誰かの役に立つ

どんな人でも誰かに教えられるものはあります。あなたにとっては当たり前のことでも、他の人にとってはわからないこと、知りたい情報である場合も多いのです。夢中に…

  • 322 view

いつも他人に影響される人

あなたは「本当の自分がわからない」と思うことはありませんか?しっかりとした自分を持っていない人は、なにかと他人に影響されやすいものです。そのような人は関係…

  • 379 view

あなたにも「教えられる」ことがある

どんな人にも、誰かに教えられることがあります。あなたにとっては当たり前のことが、他の人にとってはわからないこと、知りたい情報であるということが多々あります。…

  • 169 view

「ココロの棚卸し」で自己を見つめ直す

わたしたちは忙しい日常に流されるように生きています。でも、たまには立ち止まって自分についてじっくり考える「心の棚卸し」をする時間も必要です。それでは紙とペ…

  • 409 view